金融の色々なことがわかるサイト

フラット35のメリットとデメリット

住宅ローンを組むのに民間の金融機関のローンを利用したらいいのか、それともフラット35がいいのか悩みますよね。それで、フラット35についてちょっと調べてみました。

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携し提供している、最長35年の長期固定金利住宅ローンですね。フラット35のメリットは、借入金利や返済金額が最初に決まるので、長期的なライフプランが立てやすくなるということです。また、保証料がかかりませんし、保証人も必要ありません。

返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も、手数料はかかりません。また、申し込みに年収や勤続年数に条件もないんですね。 フラット35に申し込めるのは、申込時の年齢が満70歳未満の人で、年間合計返済額の割合は、年収が400万円未満なら30%以下、400万円以上なら35%以下と決められています。

借入金は本人または親族が住むための新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金に利用できます。ただし、リフォームのための資金には利用できないとのこと。 フラット35のデメリットは、民間の住宅ローンが諸費用の分も融資してもらえるのに対して、フラット35では、諸費用は融資金額に含まれないという点です。

またフラット35の買い取り型では、物件価格の90%までしか融資がされないので自己資金が必要です。団信保険料は自己負担です。それから、審査にかかる時間ですが、民間の金融機関の審査と住宅金融支援機構の審査があるので、融資の承認が下りるまでに約1ヶ月程度かかってしまいます。

それから、フラット35は民間金融機関が窓口となっているのですが、適用金利と事務手数料は金融機関によって異なるので、各金融機関を比較しながら借入窓口を選んだほうがいいようです。選び方によっては返済総額に数百万の差が出ることもあるそうです。 フラット35にはデメリットもありますが、返済計画を立てやすいし、金利のことを心配しながら生活するのも嫌なので、自分の場合は自己資金を貯めてフラット35ですね。それから、フラット35Sとかフラット50というのもあるみたいなので、その辺もまた調べてみようと思います。

フラット35のメリットとデメリットを紹介しています。