金融の色々なことがわかるサイト

結婚式の費用

中国での結婚式は、地域にもよりますが、田舎のほうだと親族や友人が集まって、2~3日間共にすごします。結婚する夫婦の家族はお料理を毎日作ってもてなします。都心のほうだと日本と同じように、ホテルなどで結婚式・披露宴をすることが多いようです。

費用は、都市だと平均10万元(約170万円)とのこと。北京に住む最も収入が多い人たちでも年収は12万元程度なので、10万元の結婚費用はかなり高いことになります。子供だけではまかなえないので、親が援助することが多くなっています。 日本の結婚式にはどれくらいかかるかというと、相場は、招待客が70~80人なら約300~350万円だそうです。

費用を安くするには、3ヶ月以内の近い日程で予約したり、真夏や真冬などあまり予約の入らない時期に申し込むといいようです。 結婚式の費用は、婚約してから二人で貯め始めるというカップルも多いようですが、短期間で貯めるのも大変なので、社会人になったら少しずつでも結婚費用を貯めておくのがいいのではと思います。

また、結婚式の費用は、かけようと思えばいくらでもかけられるので、費用をあらかじめ決めておいてその予算の範囲内で収めることが必要だと思います。

中には、借金してまで豪華な結婚式にする人もいるみたいです。借金といえばマイナスなイメージがありますが、時にはすごく便利で助かることがあります。

私も以前、消費者金融から10万円ほど借りたことがあります。引越しの初期費用が多く、生活費に困ったのが理由です。その時初めて借金をしたのですが、ネットで色々調べていくうちにすごく参考になるサイトをみつけました。それがこのサイトです→http://xn--cbk256hjzkktc444dntgplf.jp/

知名度の高い消費者金融や銀行カードローンが紹介されていて、安心して借りることができました。

 

結婚式はロマンチックな一日になると思いますが、次の日からは現実が待っています。あとあとまで経済的な負担が残るような盛大な式にするのは避けたほうがいいのではと思います。

結婚式の費用について紹介しているページです。